彼のご両親と会う際、予期せぬ良いことも悪いことも起こります。

なんといっても未来のですからね。

当記事では、彼氏の母親とのケンカを、彼氏に仲裁させる方法をお伝えいたします。

男性は基本的に察するのが苦手

彼の母親から、みんなのいないところでチクリと嫌味を言われたり、みんなに分からないようにイジワルをされたり……このようなことは、彼と家族ぐるみの付き合いをするとどうしても出てきます。

そういったときは独りでため込まず、彼に相談するのが一番です。

しかしそうは言っても、たいていの男性は、あなたの期待している動きをしてくれません。

あなたが真剣に悩んでいるのに、彼氏が「どうせいつもの愚痴だろう」と勘違いしていることもあります。

これでは話がいつまでも平行線ですし、仲裁などしてもらえません。


いざこざの深刻さを正確に伝える

彼氏は、基本的にはあなたの味方です。

だから彼の母親は、あなたに嫉妬してイジワルをするのです。

また、彼氏はあなたの味方であるのと同時に、中立であろうとします。

ですから、あなたと母親との間には、余程のことがない限りは入ろうとしません。そもそも彼氏が介入しても、問題が解決するとは限りませんし、余計に関係を悪化させてしまうことだってありますから。

というわけで、彼の母親といざこざがあったとき、あなたがするべきことは、「それが余程のことなのかどうかを正確に彼氏に伝える」ことです。

あなたが深刻な嫌がらせを受けているのに、その深刻さを彼氏がまったく理解していない……そんな状況だけは絶対に避けなければいけません。


ではどうしたらよいのでしょうか?

それは彼に伝えるとき、愚痴を聞いてほしいときと、事実だけを事務的に報告するときとにハッキリ分けることです。

「愚痴を聞いてほしいだけなんだけどね」と言えば、彼は黙って聞いてくれますし、

「今日こんなことがあったんだけど」と仕事のように、主観を廃して事実のみを報告すれば、真剣に考えてくれるでしょう。


以上いかがでしたか?

男性は、女性から相談を受けたとき、ただ黙ってうなずいてほしいのか、それとも解決してほしいのか、その違いが分かりません。

ですから、相談するときは、どちらなのかをズバッと言ってしまうのが一番です。

彼氏は、あなたよりも母親と長く暮らしています。

対処法はよく心得てますので、いざこざの深刻さをちゃんと伝えられれば、問題は案外あっさりと解決してくれるでしょう。

彼氏の母親とのいざこざを、彼氏に仲裁させる方法
Source: beautyまとめ