「もう別れようかな?」と考えている男はどんな理由を別れ決め手としているのでしょうか。

大抵の場合別れがきてしまうのは問題やすれ違いが積もり積もった結果です。

その中でも特に男が耐え切れない!と感じる別れの要因についてご紹介します。

金銭感覚に差がありすぎる

どう頑張っても差が埋められず、決定打となりがちなのが金銭感覚の差。

お互いが高いと思う金額に差がありすぎると付き合っているだけで過度なストレスとなってしまうんですよね。

特にお金を出す機会の多い男側よりも彼女のほうが派手にお金を使うタイプであればなおさらうまくやっていくことは難しいでしょう。

もし彼氏が自分よりも節約家であるならば、彼に合わせた金銭感覚に切り替えておくの吉です。


結婚への意識が高すぎる 

恋愛となれば最後に行き着くは結婚。

特に女性は年令を重ねるごとに結婚への意識が大きくなりますよね。

でも結婚意識のない男性からすれば、結婚というワードが出るだけで逃げ出したくなっちゃうんです。

ことあるごとに結婚を連想させてられると「今すぐに結婚できる人にしたら?」と別れを選ぶことでしょう。

結婚願望が強くても、彼の意識に合わせて気持ちを心に秘めておくことも必要ですね。


人前で持ち上げて欲しい

男性は意外と根に持つ生き物。例え、笑いを誘うためであろうと人前でけなされたら、いつまでも覚えていて根に持っているので厄介。
男性はプライドが高い人が多いので、『別れ』が突如訪れるなんてこともありえます。

いつまでも一緒にいたいなら、人前で持ち上げて彼氏の気分をよくさせてあげましょうね。


喧嘩している時間のほうが長い 

喧嘩が多くてもなんだかんだうまくやっているカップルも稀にいますが、何も問題がない時間よりも喧嘩している時間のほうが長いとなれば話は別。

同棲していたり、頻繁に連絡を取り合う仲なら自然と喧嘩が収まったりもしますが、その日のうちに問題解決をできないカップルは危険です。

付き合っていても毎日ストレスを与えられて無駄に考え事が多くなっていれば別れを決意されても仕方ありませんよね。

女性は意外と好きな気持だけでうまく心の中で処理していたりしますが、男は思ってもいないタイミングで見切りをつけてきたりするのでなんだかんだで大丈夫。と思って気を抜くと後で後悔することになりますよ。


いちいちうるさい

「どこ行ってたの?」「何してたの?」実はこんな尋問めいた質問が苦手の男性は多いのです。

後ろめたいことを何もしてない男性ほど、曖昧な返事や何にも答えないことが多いのです。

そうとは知らない女性は「ねぇ!どうなの!」なんて追及してしまいがちに。

男性は「いちいちうるさいんだよぉ!」と思い始め、あまりに度を超えてくると『別れ』の文字がちらついてくるようですよ。


与えてもらうことばかりを考えている

「好きだからもっと一緒にいたい!」とか「どこでもいいからどこかに連れて行って!」というように相手に合わせてもらってばかりなのも負担を与えすぎかもしれません。

常に指摘をされなくともぽろっと不満を漏らすような言葉を言っていたらいつしか別れを決意してしまう可能性は少なくないでしょう。

たまのワガママはかわいらしいですが、相手の気持ちを考えずに振り回すことが多いなら良いバランスがとれるように様子を伺ったほうがいいですね。


甘えさせてくれない

外では強気で出来る男性として通っていても、彼女の前では弱い部分を見せたり、甘えたいのが男性の本音。
「ヨシヨシ」なんて頭を撫でられたり、抱きしめられたりすれば、もう嬉しくてたまらないはず。

彼もホッとできる居心地のいい彼女だ!と大切にしてくれることでしょう。


「もう無理・・・」男が別れを決める7つの理由
Source: beautyまとめ